キッチンから窓を開けずに風を取り込みたかった

キッチンから窓を開けずに風を取り込みたい

キッチンの窓キッチンドアを、風が入るようにするための方法をここではご紹介します。
鍵がかけられなくてもいい
のか、 鍵をしっかりかけて(防犯効果も維持して)風を取り込みたい。
かに分かれます。
鍵は不要であれば、安くて 邪魔にならないものを取り付けできますが
同時に防犯機能も維持するのであれば、いくつかのご提案できる商品がございます。

プリーツ網戸

こちらは防犯効果のないタプになります。
メリットは、安価で、取り付けた後もスペースを取らないことです。
鍵がかけられなくていいのであれば、このタイプがお勧めです。

勝手口に網戸

リリーブ

入間店でリリーブサンプル

リリーブ

こちらの商品は、羽根はついてないのですが、一般的な網戸と同等の防虫性能を確保できるよう施されています
防虫や通風の役割をする通風パネルにアルミ板をパンチング加工したアルミパンチングパネルを採用しています。

通風勝手口ドア

通風勝手口ドア(ベルエア)

いくつかの方法はありますが、窓工房で一番多い施工方法は、
今あるドア本体だけを、通風機能のあるドアに交換する方法です。
もう少し踏み込んでご説明しますと、今ある枠はそのままで
ドア本体と丁番(丁番をそのまま再利用するケースもあります)のみの交換で
新しく入れ替わるドアが、鍵をかけて風を取り込める商品となります。
(注文住宅ですと、最初からこの製品が取り付けられていることもあります。)

フラッシュドア

 

通風勝手口ドア施工中

 

ベルエア

このドアには羽根は付いていませんが、勝手口から簡単に通風できることは生活が快適になります。
ドアの鍵を閉めた状態で、室内側から2枚上下にあるガラス戸を、上にスライドさせて通風ができます。
格子の手前には網戸がついています。

通風勝手口ドアの施工例

-お部屋のケースごとの対策

Copyright© 窓の通風対策専門サイト 窓工房 , 2022 All Rights Reserved.