必要のないときは窓を全開に開けられるものがよい

必要のないときは窓を全開に開けられるものがよい

ブリイユS
エコ引き違い雨戸やセーフティールーバーは人気の通風商品ですが、デメリットを列記するならば、
必要のない時(日差しが邪魔にならない冬期など)でも、通風パネルをどこかに収納(隠す)ことができません。

手動シャッターからエコ引き違い雨戸

上の写真の商品は、開け閉めも簡単で操作もスムーズですが、常に半分は雨戸がある状態になってしまうところが難点です。

ここでは、通風雨戸パネルなどが完全に別のスペースに収納できるタイプの紹介となります。

手動タイプの通風シャッター


ブリイユSと呼ばれるオイレス製の製品です。
こちらは、羽根が必要のない時は、羽根を下部に収納できるのが特徴です。
ただ、羽根が閉じた状態(シャッターでいうと、閉まっている状態)から、羽根を下部に降ろして完全に収納するために、
右側にあるひもを何度もひっぱらなければなりません。
そこが嫌でエコ引き違い雨戸を選ぶ方もいらっしゃいます。
手動タイプの通風シャッター(ブリイユS)をお選び頂いたお客様に後日お話を聞きに伺うと、

夏場などは、羽根を全て降ろさずに、羽根の角度を変えるだけだから 生活上煩わしいことはないようです。
毎日毎日羽根を上げ下げすることではない。ということのようです。

ブリイユS 室内

-お部屋のケースごとの対策

Copyright© 窓の通風対策専門サイト 窓工房 , 2022 All Rights Reserved.